爽やかな目もとを取り戻すための、くま退治の話

注入治療

頬に手を当てている女性

青くまへの対処

目の下に出来るくまは、3色に分けられます。茶と青と黒。ここでお話することになる、注射によって治療することが出来るくまは、そのうち、「青」のタイプ。
このタイプのものが出来てしまうのは、もともと薄い目の下の、皮膚の毛細血管の血流が悪くなってしまうことが原因だと言われています。特に、若い人に多い症状だと言われています。
目の下の皮膚は、顔の皮膚の中でも特にやわらかく、薄くなっているものです。人によってはこの皮膚がとても薄く出来ている場合があって、そんな人の毛細血管の血流が悪くなってしまうと、血液の色が濃く出てしまうことになります。
それで、目の下に青い影があるように見えてしまうのです。

美容整形クリニックでは、まさに形を整えるという意味の「整形的な治療」を行います。その治療のために使われるのが、ボトックスやヒアルロン酸なのです。

皮膚に厚みを

美容整形クリニックで使われるヒアルロン酸やボトックスという成分は、人体を構成する成分と親和性が高く、ヒアルロン酸に限っては、もともと人体の中に存在している物質でもあります。
ヒアルロン酸は、肌にやわらかな厚みをもたせ、みずみずしさを持たせるために存在する成分です。

ヒアルロン酸を目の下に注射すると、いささか薄すぎて毛細血管が目立ってしまっていた部分に、充分な厚みを与えることが出来ます。
美容整形クリニックでは、その注射による治療を行うことで、青いくまを消すばかりでなく、目の下をふっくらと仕上げ、可愛らしい形に仕上げてくれるのです。

↑ PAGE TOP

メニューバー