爽やかな目もとを取り戻すための、くま退治の話

たるみごと消す

女性の顔にラインが引いてある画像

黒いくまを消す

ちょっとした手術を行うことで、くま退治をすることも出来ます。美容整形クリニックの、「整形スキル」が最も問われるものであると言えます。
その「手術」とは、たるみの除去。黒いくまを取るための方法なのです。

人は年をとると筋力の低下や縮小によって、皮膚の至るところをたるませてしまいます。垂れる性質を持つ脂肪分を筋肉で引き締めることが出来ずに、皮膚ごと垂れ下がってしまうのです。
目の下に黒い影がたるみとともに見られるようになったとき、同じことが目もとで起きたことを意味しています。眼窩脂肪という眼球の下にある脂肪分が、皮膚の表に向かって垂れ下がっている状態なのです。
そして、皮膚が垂れているからこそ、そこに影のようなくまが出来てしまったのです。

脱脂術

たるみを取り、それによって黒くまを取るという手術。美容整形クリニックでは、この手術のことを「脱脂術」と呼んでいます。文字どおり、脂肪を物理的に取り去ってしまう手術だからです。
整形クリニックのドクターは、目の下にメスを入れ、そこから余計なたるみを発生させている眼窩脂肪をまるまる取ってしまいます。
その後、たるんでしまった皮膚も必要に応じて切り取り、最後に皮をピンと張って縫いつけ、手術はおしまいです。

「手術」とか「メスを入れる」とかいう話を聞くと、「傷が残ってしまうのでは?」などと不安を持つ人がいるかもしれませんが、大丈夫です。
上手な整形クリニックのドクターは、手術後に傷跡が残ったとしても目立つことがない、まつ毛ギリギリのところで見事に切開し手術を行い、仕上げてくれるのです。

↑ PAGE TOP

メニューバー